赤味噌に含まれる栄養素、また体に及ぼす好影響について

味噌は発酵食品として、栄養価が高いことは有名です。

そのなかでも赤味噌は他の味噌にはない栄養や効能があることをご存知でしょうか。 ここでは赤味噌が健康食品として体にどんな良い影響をもたらすかをご説明していきます。

まず赤味噌は大豆に米麹を加えて作られたものです。味噌の種類の違いは、麹と大豆の割合や大豆の調理方法や原料、また発酵・熟成期間の違いから色合いや味が変わっていきます。味噌は発酵期間中に「メイラード反応」という科学変化を起こします。これが赤味噌が赤くなる理由です。メイラード反応が進むほど味噌の色は濃くなり赤くなります。

このメイラード反応でメラノイジンという成分が作られます。これは熟成期間の長い赤味噌に多く含まれる成分で、熟成期間の短い白味噌には含まれていません。この成分は健康ダイエット効果が高く、血糖値を下げるという効能があります。

それだけでなく強力な抗酸化作用があり、細胞の老化防止にとてもいいです。さらに赤味噌に多い遊離リノールさという成分はメラニンの働きを抑制するため、 シミやそばかすの予防になります。赤味噌はダイエット効果や美肌効果があるため、女性に魅力的な健康食品といえるでしょう。

また大豆製品には豊富なアミノ酸が含まれております。このアミノ酸は体の中でエネルギーになる物質なので、身体づくりに置いて非常に重要な栄養素です。これだけ体に嬉しい成分が含まれていることが分かれば、日本人が毎朝取り入れる理由が理解できるでしょう。美味しい赤味噌でぜひたっぷり朝から栄養を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました